ロモノソフ名称モスクワ国立大学

Московский государственный университет имени М.В.Ломоносова

  • 長期で学ぶ!
  • グループレッスン対応
  • 寮あり
  • ТРКИ受験対応
モスクワ国立大学

大学紹介

モスクワ国立大学。
旧ソ連・ロシアで最大の高等教育機関であり、世界有数の科学・学術センターのひとつ。1755年4月、M. L. ロモノソフによって創立された。

当初は哲学部、法学部、薬学部および予備教育部から出発したが、現在では数学、物理学、化学、生物学、心理学、法学、経済学、ジャーナリズム学、国際政治学など43の学部といくつかの予備コースがあり、多くの研究者が教育・研究に携わっている。

現在の雀が丘キャンパスは1949年~70年に建設され、300ヘクタールに及ぶ敷地内には校舎、学生寮の他、公園、植物園、天文台など約80の主要な建物がある。2005年には新エリアに中央図書館が開館した。

レッスン内容

授業は5名以上のグループレッスンとなります。留学開始時に簡単なテストを行い、ロシア語力に応じてグループが編成されます。

授業は基本的に1日2~3コマ(1コマ90分)、週5日行われます。内容はロシア語レベルにもよりますが、文法、読解、発音、聞き取り、会話などのロシア語習得プログラムと、歴史や文学などの授業が並行して行われます。すべてロシア語での授業です。

宿舎

大学寮は雀が丘にある大学本館内の(ゲーゼー寮)、シャボロフカ寮などいくつかの寮のいずれかに滞在。1~5人部屋を利用しますが、多くの場合2~3人部屋となります。どちらの寮でも各フロアにあるキッチンを共同で利用します。
各部屋に机・椅子・ベッドなどが設置されており、シーツ交換もしてもらえます。インターネットは各部屋で使用できます。
ゲーゼー寮から大学までは路面電車を利用して約40分、シャボロフカ寮からは路面電車で20~30分です。

*情報は2021年10月現在のもので、予告なく変更になる場合があります。

募集要項

期間: 10か月間
第63期 : 2022年09月01日~2023年06月30日 申込締切2022年06月10日
受入機関: モスクワ国立大学 ロシア語文化研究所(ИРЯиК)
要件: ロシア語の基礎学力のある方。 ただし4月出発の方は中級程度の学力が必要です。

条件:
1. 授業はグループレッスン(5名以上)。
週26授業時間(13コマ : 1コマ90分)の授業が行われます(夏期(7・8月)は週24授業時間)。
年末年始、および6月後半には、授業が行われない期間があります。

2. 大学指定の寮に滞在。
寮は1 ~ 5人部屋です。食事は自炊、あるいは外食。

モスクワってこんな街

モスクワはロシア連邦の首都であり、現在の政治・経済・金融・学術・文化の中心です。街の象徴であるクレムリン(城塞の意味)を中心に放射状に広がった街には、重厚な建物やロシア正教会の聖堂や教会、博物館などが点在しロシアの歴史・文化が凝縮されています。

モスクワの地名が文献に登場するのは1147年。15世紀後半以降急速に発展し、 18世紀にピョートル大帝により首都がサンクトペテルブルグに移されるまで、ロシアの政治・宗教の中心的な役割を果たしました。1917年の十月社会主義革命により再びモスクワが首都となりました。

ソ連解体後、民主主義の国として生まれ変わった現在は外資系企業の進出が著しく、好景気のモスクワは大規模ショッピングセンターやブランドショップなどが建ち並ぶ大都会となっています。ロシアの他都市と比較すると物価は高めです。

所在地

住所:
Москва, Воробьёвы горы
授業を受ける校舎住所:
Москва, ул. Кржижановского, 24/35
宿舎・宿泊先住所:
Москва, Воробьёвыгоры, 1 または   Москва, ул. Шаболовка, дом36 ほか

留学生の声