HOME > 会社案内

会社案内
ジェーアイシー国際親善交流センター組織概要 [→]
 
<商号> ジェ−アイシ−旅行センタ−株式会社
<設立> 1986年4月
<資格> 観光庁長官登録旅行業 第1715号
<資本金> 6500万円
<取引銀行> 三菱東京UFJ銀行・四谷支店  三菱東京UFJ銀行・谷町支店
<代表取締役> 伏田 昌義 (フシダ マサヨシ)
<本社所在地> 〒160-0004 東京都新宿区四谷 2-14-8 YPCビル7F
TEL : 03-3355-7295 FAX : 03-3355-7290 [ → ]
E-Mail : jictokyo@jic-web.co.jp
<オフィス所在地> 101000, Moscow, Maroseyka str., 9/2, bldg. 1, porch #2, office 5.11, floor 3
TEL : +7 495 641 01 29 [ → ]
E-Mail : jicmoscow@jic-web.co.jp
<JIC大阪・ロシア留学デスク所在地>  〒540-0032 大阪府大阪市中央区天満橋京町 2-13 ワキタ天満橋ビル 812号
TEL : 06-6944-2341 FAX : 06-6944-2318 [ → ]
<総合旅行業務取扱管理者>
  本社=杉浦信也
旅行業務取扱主任者とは、お客様の旅行を取り扱う営業所での取引の責任者です。旅行の契約に関し担当者からの説明に不明な点がありましたら、上記の旅行業務取扱主任者にご質問ください。
<営業時間>
  本社 月〜金 午前09:30 - 午後6:00 / 主任者対応時間 月〜金 午前09:30より午後6:00
JIC大阪・ロシア留学デスク 月〜金 午前09:30 - 午後4:00
*土曜・日曜・祝日、年末年始は休業

モスクワオフィス 月〜金 午前9:00 - 午後5:00 土曜・日曜・ロシアの祝日、年末年始は休業
<加盟団体>
  (社)日本旅行業協会(JATA) 正会員
(社)日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA) 正会員
<主な事業内容>
 
(1) 旅行業および損害保険代理店業
  海外への旅客派遣(アウトバウンド) ・旅客受入(インバウンド)〜交流/研修/業務/観光(航空券・ホテル・査証手配。通 訳・現地企画のアレンジ他)、旅行保険の取り扱い。
(2)
(3)
ロシアへの留学生・研修生派遣の実務。
ツアーオペレーター業務。

<沿革>
  1986年   会社設立;株式会社親善センター、日通旅行代理店として営業開始
1996年 ジェーアイシー旅行センター株式会社に名称変更
旅行業法改正にともない、第三種旅行業者に登録変更
1999年 日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員
2004年 第一種旅行業者に登録変更、日本旅行業協会(JATA)正会員
2005年 モスクワ駐在事務所開設。ペテルブルグ、ウラジオストクに現地連絡員配置。
ロシア・NIS貿易会準会員、モスクワ・ジャパンクラブ会員

<アウトバウンド;主な実績>
  1986年 ナホトカ青年の船(180名)
日中友好の旅(上海、蘇州、北京/上海、桂林、北京/80名)
1987年 ナホトカ青年の船(ナホトカ、ハバロフスク/210名)
ナホトカ・ピオニールキャンプ
1988年 日ソ青年交流の旅(ハバロフスク、ビロビジャン、サハリン/90名)
ソウル・オリンピック観戦旅行団
1989年 レニングラード・ワガノワバレエ学校研修旅行
日ソ青年交流の旅(ナホトカ、ハバロフスク/70名)
ロシア語留学生派遣手配開始〜国立レニングラード大学、ウラジオストク極東大学。
91年より国立モスクワ大学、その他全ロシア・旧ソ連諸国の大学に留学生派遣。
1990年 日ソ青年交流の旅(ナホトカ、ウラジオストク/40名)
ナホトカ・ピオニールキャンプ
中企連・台湾視察団(180名)
1991年 日ソ青年交流の旅(ウラジオストク/30名)
中ソ国境を越える旅(ウラジオストク、牡丹江、ハルビン)
中国経済特区視察団(香港、深せん、珠海、海南島/60名)
1992年 自治労・ウラジオストク「友好の船」(240名)
部落解放同盟大阪府連訪中団(北京、重慶、楽山/30名)
モンゴル遊牧ゲル・ホームステイ旅行
1993年 ヒッポファミリークラブのロシア・ホームステイ渡航手配(以後、毎年)
カムチャツカ、クリール諸島TV取材協力
1994年 シベリア自然塾(ノボシビルスク)
立命館大学中国ロシア調査旅行
ウラジオストク夏季ロシア語研修旅行
1995年 北京・世界女性会議NGOフォーラム参加団(60名)
TBSロシア取材(日本海大紀行)
1996年 ロシア・バレエレッスンツアー(バシキール、ウファ)
夏季ロシア語研修旅行〜モスクワ大学、ペテルブルグ大学、極東大学、オデッサ大学など
ロシア・旧ソ連諸国への日本語教師派遣事業開始(〜2000年まで)
1997年 ヒッポファミリークラブの中国・ホームステイ渡航手配
1998年 日本モンゴル友好訪問団(旭鷲山、旭天鵬関ら同行/80名)
1999年 日本モンゴル友好訪問団(旭鷲山、旭天鵬関ら同行/120名)
2001年 奈良市国際交流クラブ・モンゴル訪問団(45名)
2003年 金田こうの バレエアカデミーモスクワ公演(100名)
創価大学、山梨学院大学、関東国際高校のロシア研修旅行
2004年 ロシア語春季研修旅行(モスクワ)、ロシア語夏季研修旅行(ぺテルブルグ)
ロシア極東大学函館校、創価大学、関東国際高校のロシア研修旅行
2005年 「丸ごとロシア」(1人から参加できるパッケージツアー)開始
将棋を世界に広める会・ウクライナ将棋親善交流の旅
ウラジオストク経済視察ツアー
2006年 主婦の友社・雑貨カタログ ハバロフスク取材協力
沼田元氣さんと行く ロシアのかわいい発見の旅(ロシア雑貨ツアー)
大阪日ロ協会訪ロ団(モスクワ、ペテルブルグ)、
ウラジオストク外食産業視察
日本大学ロシア研修旅行
ティグレ・ベトナム視察団
2007年 沼田元氣さんと行く「ロシアのかわいい発見の旅」(マトリョーシカ工場見学ツアー)
以後、2015年までに計8回実施
2008年 豊田バレエ学校サンクトペテルブルグ公演ツアー
天理大学ロシア語研修旅行
2009年 「2都市2大学ロシア語研修旅行」(モスクワ/ペテルブルグ)渡航手配(以後、毎年)
モスクワ航空ショー観覧ツアー
樺太サハリン銀河鉄道の旅
2010年 日露友好愛知の会クラスノヤルスク訪問団
秋田大学、天理大学、同志社大学、大阪経済法科大学などロシア語研修旅行
ワガノワ・バレエ学校レッスンツアー
第1回マトリョミンの里帰りツアー
Spoon ロシア雑貨取材協力
2011年 JETROカザフスタン視察
モスクワ航空ショー観覧ツアー
豊田バレエ学校サンクトぺテルブルグ公演ツアー
神奈川県社会科部会海外研修「ロシア沿海州・シベリア鉄道とアムールの旅」
新潟県立大学ロシア語研修旅行
ウラジオストク、ハバロフスクTV取材協力
2012年 日ロ協会下田支部ロシア訪問団
日露友好愛知の会クラスノヤルスク訪問団
ロシア空軍100周年記念航空ショー観覧ツアー
モスクワ平和マラソンツアー
モスクワJ-FEST渡航手配
同志社大学ロシア研修旅行
2013年 日ロ協会岩手県支部ロシア訪問団
大阪日ロ協会ロシア視察旅行
会津産学懇話会サンクペテルブルグ・モスクワ視察団
ウラジオストク・ハバロフスク電子産業視察団
水資源環境学会イルクーツク・バイカル湖研修旅行
カムチャッカの食文化と温泉を楽しむ旅(荻野恭子先生同行)
「悪魔の飽食」コンサート・ロシア公演ツアー(240名)
ティグレ・モンゴル視察団
会津大学ロシア研修旅行
モスクワ世界陸上大会TV取材協力
パイ インターナショナル ロシアの民芸取材協力
2014年 WRO(国際ロボットコンテスト)ソチ世界大会(120名)
ティグレ・モンゴル視察団
ロシア自動車産業視察(カルーガ・サマラ・サンクトペテルブルグ)
亜細亜大学、早稲田大学、秋田大学、新潟県立大学、大阪大学、京都産業大学、島根県立大学などロシア語研修旅行
カザフスタン&バイコヌール宇宙基地TV取材協力
2015年 第2回マトリョミンの里帰りツアー
モスクワ航空ショー観覧ツアー
日露友好愛知の会クラスノヤルスク訪問団
立命館大学ロシア中国研修旅行
「悪魔の飽食」コンサート・中国公演ツアー(220名)
ウラジオストク・ジャパンウィーク空手道渡航手配
ウラジオストク茶道交流団 渡航手配
ロシア極東農林水産業・食関連産業 官民ビジネスミッション渡航手配
早稲田大学、新潟県立大学、信州大学、大阪大学、京都産業大学などロシア研修旅行
2016年 EMECS (水環境保全) ペテルブルグ会議(59名)
ロシア訪問団(福井日ロ親善協会、大阪日ロ協会、日ロ友好親善を進める岐阜の会、日ロ創幸会、日ロ学生交流会など)
バレエ研修旅行団(3グループ/モスクワ、ペテルブルグ、ミンスク/60名)
ロシアNIS貿易会ビジネス視察団 渡航手配
愛知県立大学、秋田大学、亜細亜大学、早稲田大学、大阪大学などロシア語研修旅行
ベトナム訪問団
モンゴル視察団

<ロシア語留学生の派遣>
  1989年以来、長期・短期あわせて3,300名を派遣(2016年末現在)
<その他、取材協力>
  TBS「カムチャツカ自然探査」「クリール諸島」「シルクロード」「世界遺産」
NHK「チュコト半島」、MBS「バイコヌール宇宙基地」など多数。

<インバウンド;主な実績>
  1987年 スプートニク・日本一周クルーズ船(札幌、東京、大阪、長崎、金沢/250名)
1988年 スプートニク・クルーズ船(260名)
1989年 インツーリスト・クルーズ船(380名)
スプートニク・クルーズ船(210名)
1990年 インツーリスト・クルーズ船(300名)
ウラジオストクスプートニク・クルーズ船(350名)2隻
ハバロフスクスプートニク・クルーズ船(150名)
1991年 ウラジオストクスプートニク・クルーズ船(180名)
ハバロフスクスプートニク・クルーズ船(70名)
1992年 ロシア、中国から各種経済視察団の受入開始
1993年 ロシア鉄鋼委員会、防衛生産委員会など4グループ
中国・上海市外資企業代表団、深せん市総工会など3グループ
1994年 ロシア銀行視察団、医療、機械産業視察団など5グループ
中国・福建省交通視察団など2グループ
1995年 中国・深せん市総工会、福建省労働行政視察団など3グループ
1996年 ロシア・セメント企業代表団など2グループ
中国・逝江省科学技術協会、上海市道路交通視察団など8グループ
1997年 中国・逝江省自動車産業視察団、建設企業、水産業視察団など7グループ
1998年 中国・広東省科学技術協会、上海市運輸交通労組など6グループ
1999年 中国・逝江省繊維産業、たばこ産業視察団、貴州省科学技術協会など5グループ
2000年 中国・上海市科学技術協会、逝江省科学技術協会など5グループ
ロシアから訪日一般観光客の受入れ再開(以後、ロシア・旧ソ連諸国からの受入実績)
2002年 FIFAワールドカップ大会観戦団(120名)
2003年 ロシア・公証人視察団
ウクライナ・日本経済視察団
2004年 ロシア・ウラル地方政府代表団(東京/45名)
ロシア・ペテルブルグ市政府代表団(大阪/40名)
浜松・花の博覧会見学団(30名)
世界溶接技術展ウクライナ参加団(東京、大阪/30名)
ウクライナ・日本経済セミナーグループ(3グループ、55名)
2005年 ロシア・ヤクート・サハ共和国代表団(愛知万博/90名)
ロシア・ペテルブルグ市代表団(愛知万博/120名)
ロシア・エカテリンブルグ建築企業視察団(65名)
2006年 ロシア・生け花グループ(草月会/30名)
ロシア・橋梁視察団(35名)
カザフスタン・日本経済セミナーグループ(2グループ、30名)
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(65名)
2007年 ロシア・建築視察団(4グループ、150名)
ロシア・大学教育視察団(33名)
ロシア・石油ガス産業視察団(2グループ、50名)
伊勢神宮遷宮祭・御木曳き神事参加団
2008年 ロシア・建築視察団(5グループ、120名)
ウクライナ議会代表団(40名)
カザフスタン・日本経済セミナーグループ(2グループ、40名)
2009年 国際血液学会ロシア参加団(東京、名古屋/55名)
ロシア・建設機械、タイヤ企業など視察団5グループ
訪日ロシア人観光客向けパッケージ「マンスリー・ジャパン・ツアー」販売開始
2010年 鉄道、橋梁、建築、建設機械、地方自治など視察団9グループ
訪日ロシア人観光客向けパッケージ「クラシック・ジャパン」販売開始
2012年 ロシア・自動車学校視察団
2013年 ロシア・ガスプロム代表団(40名)
ロシア・ビジネスフォーラム参加団(25名)
伊勢神宮遷宮祭・御白石持ち神事参加団
国際東欧中欧学会・東アジア大会 ビザ手続代行(45名)
2014年 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(30名)
クルーズ船「ミレニアム・セレブリティ」(90名)
京都産業大学国際学会 ビザ手続代行(79名)
2015年 ロシア文化フェスティバル参加ダンチェンコ劇団(155名)
ICCEES国際東欧中欧学会・幕張世界大会 スポンサー協力およびビザ手続代行(220名)
2016年 クルーズ(3グループ/横浜、神戸、長崎など/130名)
アメリカ人観光グループ(4グループ/200人)
ブルガリア人観光グループ(40人)
ロシア人観光グループ(9グループ/170人)他、個人旅行手配
ジェーアイシー国際親善交流センター組織概要 [→]
オフィス所在地 [→]
↑ ページの先頭へ戻る