HOME > 留学 > ロシア語留学/イベント情報

イベント情報

日本ロシア文学会企画
公開シンポジウム「ロシアの文化 その魅力と鑑賞法」

ヨーロッパとは異なる文化を生み出してきたロシア。世界を魅了する文学や芸術の多くが、ロシア帝国で創られました。1917年に起きたロシア革命で帝国ロシアは消え、しかしそれから100年、ソ連時代を経て現代にいたるまで、ロシアはつねにその文化の力を発信してきました。

政治や体制は変わっても、ロシアは不思議な力で私たちを引きつけます。でもその魅力は、ほんとうのところ何にあるのでしょう?ロシア文学には、どのような鑑賞の仕方があるのでしょう?そしてロシア文化の力とは、どんなものなのでしょう?

ロシア革命から100年の今年、日本ロシア文学会の精鋭たちが、こうした疑問に答えます。いっしょにロシア文化の魅力とその鑑賞法を学んでみませんか?


日時: 2017年7月8日(土)14時開始

  場所: 東京大学(本郷キャンパス)法文1号館113教室
(〒113-0033 文京区本郷7-3-1)

予約不要: 入場無料(どなたでもご来場頂けます)

問い合わせ: Email:gakkaikikaku2017@gmail.com

詳細: こちらでご確認ください。

プログラム(仮):*内容は変更する場合があります

Part I. ロシア文学の鑑賞法

望月哲男(北海道大学名誉教授)「『白痴』と『アンナ・カレーニナ』」
 ドストエフスキーの『白痴』とトルストイの『アンナ・カレーニナ』は、二人の美女をめぐる並行的恋愛物語という設定においても、ペテルブルグとモスクワの両首都を舞台にした家庭小説という点でも、福音書を背景にしている点でも、よく似ています。しかし小説世界の構成法や主人公たちの時間感覚といった面では、大変異なった印象を与えます。両作品を通して、ロシアの代表的長編作家の作風の類似性と差異を考えてみたいと思います。

貝澤 哉(早稲田大学教授)「ナボコフ初期小説の楽しい読み方──『カメラ・オブスクーラ』、『絶望』、『偉業』を翻訳して」
 ナボコフは『ロリータ』で世界的に有名な、「言葉の魔術師」とも言われる作家ですが、初期にはロシア語で小説を書いており、その初期の秀作三点を光文社古典新訳文庫に翻訳しました。彼の小説はけっしてとっつきやすくはないのですが、ちょっとしたコツを知っていれば、読む楽しさ、面白さが倍増するはずです。そこで、他の小説にも応用できて、小説を読むのがより楽しくなる、ナボコフ読解のコツをいくつか伝授したいと思います。

鳥山祐介(千葉大学准教授)「18世紀にロシア文学などあったのか?」
 18世紀のロシア文学については(日本のみならずロシアでも)あまりよく知られていませんが、それはなぜなのでしょうか。実際、この時代のロシアは詩や戯曲や小説をはじめ豊かな文化を生み出していますが、そこには我々が持つ「ロシア文学」「ロシア文化」のイメージとかけ離れた側面も数多く見られます。具体的な作品もいくつか紹介しながら、18世紀ロシア文学を「どのようなものなのか」「どのように見られてきたのか」の二つの視点から見ていきたいと思います。

Part II. ロシアの文化力を知ろう

大野斉子(宇都宮大学准教授)「シャネル5」とロシアの香水史
 19世紀末のロシアは、世界有数の香水の産地でした。ロシアで香水は貴族や市民に愛好され、「シャネル5」の調香師エルネスト・ボーを輩出したほど高度な製造技術と豊かな香りの文化が花開きました。しかしロシア革命によって状況は一変します。古今東西の香りのエピソードや香水の基礎知識、文学や芸術、生活文化に見られる眼眩く香りの世界をご紹介しながら、ロシアとヨーロッパの香水の歴史を辿り、ロシアの香水文化はどのように発展したのか、「シャネル5」はどのようにして誕生したのかについてお話します。

平野恵美子(東京大学助教)「ラフマニノフと鐘」
 セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)は、日本で最も人気の高いロシアの作曲家の1人です。モスクワ音楽院でタネーエフとアレンスキーに学んだラフマニノフは、その甘美で情感豊かな旋律によって、チャイコフスキーの流れを汲むロマン派的で西欧寄りの作曲家としばしば看做されます。私のトークでは、ラフマニノフの作品から繰り返し聞こえる鐘の音をテーマに、彼のロシア的な伝統性と革新性についてお話しする予定です。同時代の作曲家についての話も交え、ロシアのクラシック音楽をより味わい深く楽しむためのヒントになれば幸いです。

司会:八木君人(早稲田大学専任講師)

『ラフマニノフの想い出』出版記念レクチャー・コンサート
Вечер Рахманинова - ラフマニノフの夕べ -
〜 ピアノと歌曲を影絵と共にお楽しみ下さい 〜

関連書籍の展示・販売があります。

日時: 2017年7月16日(日) 18時開場、18時半開演

  場所: Le Salon de Clavier (ル・サロン・ド・クラヴィア)(田端)

出演: (レクチャー)伊東一郎 平野恵美子
(ピアノ) 齋藤正樹 高橋健一郎
(ソプラノ) 松井亜樹
(影絵) 山田大祐

予定曲目: 《幻想的小品集》
《音の絵》
《リラの花》
《ああ、私の畑よ》
《夢》 他

『ラフマニノフの想い出』出版記念レクチャー・コンサート
チケット: 前売 2,500円
当日 3,000円
学生割引 《25歳以下》
前売 1,500円
当日 2,000円

問い合わせ: Email:
RACH20170716@gmail.com

協賛: 水声社

後援: 日本アレンスキー協会



留学相談 JIC東京・大阪
JIC東京・大阪では平日営業時間で随時留学相談を行っております。
ご来店の日時を事前にご予約ください。(相談無料)ロシア語留学 お問い合せ
JIC東京 TEL 03-3355-7294 / FAX 03-3355-7290 / E-mail jictokyo@jic-web.co.jp
JIC大阪 TEL 06-6944-2341 / FAX 06-6944-2318


※以下のイベントは終了しております。
2017年
◆4月 : JIC春のロシアンフェスタ
◆3月 : 沼田元氣さんと行く ロシアのかわいい発見の旅 マトリョーシカとロシア雑貨ツアー参加者 マト・雑貨ファン交流会
ロシア面白発見の旅のコンダクター(ツアー・リーダー)募集!」の応募作の発表
2016年
◆12月 : 留学相談会(東京・大阪)
◆11月 : JICロシアセミナー2016『日ソ共同宣言60周年〜プーチン訪日と日ロ交渉の行方』 下斗米伸夫先生
◇8月 : レフ・テルミン博士生誕120周年記念 日露合同テルミンコンサート
◆5月 : 留学相談会(東京・大阪)
◆1月 : 沼田元氣さんと行く ロシアのかわいい発見の旅 マトリョーシカとロシア雑貨ツアー参加者 マト・雑貨ファン交流会
2015年
◇12〜2月 : 「マトリョーシカ博覧会」(カメイ美術館、コケーシカ鎌倉共催)
◆12月 : 留学相談会(東京・大阪)
◆11月 : JICロシアセミナー2015『「留学」が変えた人生』 中澤英彦先生
◆10, 11月 : 留学相談会(東京・大阪)
◇10月 : RUSSIAN FAIR 2015 〜ロシアン・フェア〜
◇5月 : ブックカーニバル in カマクラ 2015
◆5月 : 留学相談会(東京・大阪)
◇5月 : ロシア、子どもの世界
◆3月 : マトリョーシカと雑貨ツアー参加者とマト・こけしファン交流会
◇3月 : 新潟-ロシア交流物産展
2014年
◆12月 : 留学相談会(東京・大阪)
◆11月 : JICロシアセミナー2014『いまあえてロシア文学の素晴らしさを語る』 沼野充義先生
◇11月 : murmur in the Soda個展と個展LIVEイベント
◇7月 : 源氏物語 〜木もれ日 Genji
◆5月 : 夏の、土曜・旅行相談会(東京)
◇4〜5月 : ロシア民芸の小さな広場
◇3月 : 劇団銅鑼公演 『女三人のシベリア鉄道』
◆3月 : 『旅のデパート2014』そごう横浜店 出展
ボルG マトリョミン演奏会
2013年
◇12月 : 『ロシア暮らしの中のかわいい民芸』発売
◆12月 : 留学相談会(東京・大阪)
◆11月 : JICロシアセミナー2013『プーチン政権とロシアの行方』 佐藤親賢氏
◇11月 : ロシア民謡の祭典 モスクワクァルテットとナターリヤ・コズローヴァ
◇6月 : ヴェンゲーロフ フェスティバル 2013
2012年
◇12月 : 『小さい逃亡者』 上映
◇11月 : 晩秋に贈るロシア音楽
◇11月 : マトコケシ展覧会交流イベント
◆11月 : JICロシアセミナー2012『日露の異文化コミュニケーション』 江口満先生
◆11月 : 留学相談会(東京)
◇4〜5月 : ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2012
◇3月 : オーケストラ・ダスビダーニャ 第19回定期演奏会 〜東日本大震災から1年〜
◆1月 : 留学相談会(東京)
2011年
◆12月 : JIC大阪クリスマスパーティ
◆11月 : JICロシアセミナー2011(東京)『映画から読み解く現代ロシア』 坂庭淳史先生
◆11月 : 留学相談会(東京)
◇9月 : 日本語教師募集(ペルミ)
◇7月 : 東日本大震災被災者救援チャリティ ピャトニツキイ・ロシア民族合唱団コンサート
◇6月 : 東日本大震災被災者救援チャリティ デミトリー・シシキン ピアノコンサート
◇5〜7月 : マトリョーシカ展
◆6月 : 留学&旅行相談会(東京)
◆5月 : 留学&旅行相談会(東京)
◆1月 : 留学相談会(東京)
2010年
◆12月 : JIC大阪クリスマスパーティ
◆11月 : JICロシアセミナー2010(東京)『文化が奏でるロシア』 - 演劇・映画・若者 - 村田真一先生
◇10月 : 沼田元氣さん『マトリョーシカ大図鑑』刊行
◇9月 : 日本語教師募集(ペルミ)
◆6月 : 留学相談会(東京)
◇6月 : ミカドテルミン 〜 佐藤沙恵テルミンコンサート
◆6月 : JICフェアー(大阪)
◆3月 : 4月出発留学生説明会(東京・大阪)
◆1月 : 留学相談会(東京)
◆1月 : JICフェアー(大阪)
2009年
◆12月 : 留学相談会(東京・大阪)
◆12月 : 留学相談会(東京)
◆11月 : JICロシアセミナー2009(東京)『過去へのまなざし、未来へのアプローチ 〜現代ロシアの人気作家たち』沼野恭子先生
◆11月 : JICロシアセミナー2009(大阪)『ロシア留学のすすめ −ことばの環境・ことばの力』林田理恵先生
◆7月 : ロシアン茶話会
◆5月 : ロシアンフェスタ(東京)
◆4、6月 : 留学相談会(東京・大阪)
◇4〜5月 : 革命とファッション〜アレクサンドル・ワシリエフ コレクション〜
◇3〜4月 : 遠藤貴也写真展「ヒステリア・シベリアカ」
◆1月 : 留学相談会(東京・大阪)
2008年
◆12月 : 留学相談会(東京・大阪)
◆11月 : JICロシアセミナー2008「人的交流を通して見た日本とロシア」渡邉雅司先生
◇8〜9月 : コケーシカ・マトコケシ展覧会 沼田元氣プロデュース
◆8月 : 9月出発留学生説明会(東京・大阪)
◆5月 : JICロシアフェアー(大阪)
◆5月 : ロシアンフェスタ(東京)
◆3月 : 3月出発留学生説明会(東京・大阪)
◆1月 : 留学相談会(東京・大阪)
2007年
◆12月 : JIC大阪フェアー
◆12月 : 留学相談会
◆11月 : ロシア語セミナー2007「ロシア語を勉強する君へ」徳永晴美先生
◆5〜8月 : ロシア文学カフェ(全6回)
◆8月 : 9月出発留学生説明会
◇7月 : 沼田元氣さんのロシア茶話会/佐藤沙恵さんによるマトリョミン演奏
◆6月 : JIC大阪フェアー
◆5月 : ロシアンフェスタ(東京)
◆1月 : 留学相談会

Jクラブ [→]
ロシア語留学のTOPに戻る [→]
↑ ページの先頭へ戻る